お知らせ・各種ニュース

伝統の和釘を後世へ「火造りのうちやま」の挑戦

金属加工の一大集積地 三条市。
かつては、大量に作られた和釘だが、
現在、専門に作るのは「火造りのうちやま」のみとなった。代表の内山立哉さんは、和釘の製法を残しつつ、新たな製品も手掛けている。先人の知恵が凝縮された和釘が残される意味と、新たなものづくりに挑戦する内山さんの思いを伝える。