お知らせ・各種ニュース

エヌ・シイ・ティがギャラクシー賞テレビ部門選奨受賞

NCT開局25周年特別番組として2014年度に全14回シリーズで放送した
「震災10年以降の長岡のまちづくり~人口減少・高齢化時代を乗り切る~」が
放送業界最高の栄誉と言われているギャラクシー賞を受賞しました。

IMG_0628

ギャラクシー賞とは優れたテレビ・ラジオ番組、放送文化に貢献した個人・団体を顕彰するために、日本の放送文化の向上を願ってNPO法人放送批評懇談会が1963年に創設したもので、“放送業界のアカデミー賞“と言われています。

第52回ギャラクシー賞テレビ部門で選奨を受賞したのは、
シリーズ第3回「コンパクトなまちづくりを実践し注目を集める富山市の取り組み」です。
OECD(経済協力開発機構)のコンパクトシティ政策 先進5か国(パリ、メルボルン、バンクーバー、ポートランド、富山市)に選ばれ世界的に注目を集めている富山市を取材いたしました。富山市が目指すのは誰にでも便利でコンパクトなまちづくり。自動車に頼らずに公共交通のLRT(ライトレールトランジット:次世代型路面電車)が街をつなぎ、ユニークなアイディアで住民をまちなかに呼び込む地域活性化策などを富山市長に伺いました。
ギャラクシー賞の受賞理由として「インタビュー内容が的確で具体的でわかりやすく、人口減少時代の地域社会に刺激と活力を注ぐ好シリーズ」と評価を頂きました。

★Still0418_00000

プロデューサー・出演 :澤田正彦
アシスタントプロデューサー:奥倉正博
ディレクター・編集:吉澤義明
撮影:清水幸太郎 中村 卓
ナレーター:小林寿子

ギャラクシー賞受賞を記念してシリーズ全14回の再放送決定!
第1回〜第 7回一挙放送
7月4日(土)午後7時〜 NCT11ch
第8回〜第14回一挙放送
7月5日(日)午後7時〜 NCT11ch

※ギャラクシー賞について
放送比評懇談会のホームページ
http://www.houkon.jp/

NCT開局25周年特別番組「震災10年以降の長岡のまちづくり~人口減少・高齢化時代を乗り切る~」

 第1回「これまでの長岡のまちづくりと今後の方向性」
中出文平 長岡技術科学大学 副学長 

 第2回「コンパクトなまちづくり」
樋口 秀 長岡技術科学大学 准教授 

 第3回「コンパクトなまちづくりを実践し注目を集める富山市の取組み」
森 雅志 富山市長
神田昌幸 富山市副市長(当時) 

 第4回「里山資本主義と長岡」
藻谷浩介 日本総合研究所 調査部主席研究員

 第5回「産業史から見た長岡のまちづくり」
松本和明 長岡大学教授

 第6回「ながおかのまちをデザインする」
豊口 協 長岡造形大学理事長(当時)

 第7回「実践!長岡のまちづくり」
渡辺誠介 長岡造形大学教授

 第8回「地域づくり健康診断」
大西達也 日本政策投資銀行(当時)

 第9回「長岡商工会議所はこう考える」
丸山 智 長岡商工会議所会頭
細川恭一 長岡商工会議所副会頭

第10回「訪れたい街長岡」
二澤和夫 一般社団法人 長岡観光コンベンション協会 会長(当時)

第11回「長岡の心世界への発信」
羽賀友信 長岡市国際交流センター「地球広場」 センター長

第12回「東日本大震災が問いかけるもの」
佐々木一十郎 宮城県名取市長
菅野一代 民宿唐桑御殿つなかん 代表
櫻井広行 ゆりあげ港朝市協同組合 代表理事
横山泰子 呑み処いりっこすま子
濱田 智 K−NET気仙沼ケーブルネットワーク 代表取締役専務

第13回「女性が進める市民協働 −楽しい子育てが原動力− 」
佐竹直子 NPO法人多世代交流館になニーナ 代表理事
渡辺美子 NPO法人市民協働ネットワーク長岡 副代表理事

第14回「長岡からの地方創生」
森 民夫 長岡市長